トップ / 中性脂肪を下げるために

減量

中性脂肪を下げるには食事に注目

中性脂肪値が高いのは単に太っているということではなく、血液がドロドロとした状態になり血管が詰まりやすくなっている、危険な状態になることを指します。放置しておくと、動脈硬化を引き起こすこともあり、いきなり心筋梗塞や脳梗塞を起こしてしまうこともあります。値を下げるには食事に注目します。まず腹八分目が大切で、できるだけごはんや麺類を食べないように気を配ります。青魚に含まれているDHAやEPAも血液をサラサラにするので、積極的に食べると良いでしょう。

リバウンドしないディライポ

最新の痩身マシンのディライポは脂肪細胞を分解、燃焼させられるので、リバウンドしないのが特徴です。脂肪細胞を小さくするタイプの痩身マシンは、施術後に食事を摂り過ぎると、脂肪細胞が膨らんで元に戻りやすいのが難点でした。エネルギーを脂肪層に1点集中させて、皮膚に損傷を与えずに、脂肪を分解させられるディライポなら、短期間で安全に痩せられるのでおすすめです。線維芽細胞を活性化させて新陳代謝を促し、コラーゲンの増加を促進させる効果もあるので、引き締めにも役立ちます。

↑PAGE TOP

© Copyright 誰もが関心を寄せるダイエット. All rights reserved.